紫外線対策を行う

長期間使用し続けない

頬を触る人

一昔前までは、できてしまったシミを化粧品で改善するのは難しいとされてきました。しかし、近年化粧品の進化はめざましく、短期間で安全にシミを消す方法として、美白化粧品が挙げられます。美白に効く成分としては、アルブチンやビタミンC誘導体、Lシステインなどがありますが、最も効果が高い方法として評判なのが、ハイドロキノン配合の化粧品です。ハイドロキノンは、元々皮膚科で処方される美白の薬に配合されている成分でした。しかし、市販の化粧品にも配合されるようになり、最も手っ取り早くシミを消す方法として人気が高まっています。ハイドロキノン配合の化粧品を使用する時に気をつけることは、しっかりと紫外線対策をすることです。ハイドロキノンは、シミを消す効果がある反面、紫外線に触れると、シミを濃くする作用があります。そのため、季節を問わず、日焼け止めを塗ることが推奨されます。また、ハイドロキノンは肌を漂白する作用が高いため、長期間塗り続けると、肌が弱ってしまう可能性が否めません。シミが薄くなってきたら、使用をやめて、アルブチンやビタミンC誘導体などが配合されている美白化粧品に切り替えるのが賢明です。このように、シミを消す方法として、ハイドロキノン配合の化粧品をするのは非常に有益ですが、メリット、デメリットをしっかりと把握して、肌にダメージの内容に使用することが大切になります。上手に使って、シミのない美しい肌を目指しましょう。

内側からも整える

微笑む女性

夏の晴れた日は気分がよくなります。外に飛びだしてどこかへ出かけたくもなるでしょう。まぶしい太陽の下で和気あいあいとしていれば暑さも吹き飛びます。しかし、何も考えずに出かけると痛い目を見ます。問題になるのは焼けるような暑さではなく太陽光です。日差しが強いということはその分紫外線の影響も大きいわけで、肌がダメージを受けやすくなります。きれいな肌にシミができてしまっては、女性にとっては慌てふためく大問題になります。どうにかしたい肌トラブルの代表であるシミは原因が分かれば消すことができます。簡単に言えばシミの原因はメラニンです。太陽の紫外線はとても強く、被害を抑えようと肌がメラニンの生成を活発に行います。メラニンの生成が長引くと色素が肌に沈着することがあり、それがシミとなって残るわけです。シミを消す方法は、ざっくり言えば肌に沈着したメラニンを取り除くことになります。シミを消すための覚えておきたいのが、メラニンの沈着は肌の内側にもあるということです。ハイドロキノンなど美白効果の高い成分を使った化粧品が出回っていますが、外側だけケアする方法では大きな効果は見込めません。過剰なケアによって肌のターンオーバーが妨げられてしまうこともあります。効率的な方法はサプリメントなどを併用することです。美容成分が含まれるサプリメントを飲めば内側からもケアができます。ターンオーバーの活性化も見込めるため、シミを消すのにかかる時間を短縮できます。外側と内側の両方からケアするのが効率的な方法ということを覚えておきましょう。

上手にカバーしましょう

後ろ姿の女性

30代以上になると、多くの方が肌に年齢を感じる瞬間が増えてきますよね。シワやたるみなど気になるところはたくさんありますが、意外にショック度が高いのは「シミ」ができた時ではないでしょうか。シミは気づくといつの間にか出来ていることも多く、見つけた瞬間はなかなかの衝撃があります。とくに、顔にできてしまったものは目立ちやすいので、何とか隠したいですよね。シミを隠すには、サプリメントやドリンクなどを飲んで目立たなくするという方法もありますが、より簡単によりスピーディーにシミを隠すなら、やっぱりメイクでカバーするのが一番です。メイクでシミを消す方法としては、ベースメイクにコンシーラーを取り入れるのが一番簡単な方法です。コンシーラーには、手軽に塗れるスティック状の物もありますが、より自然にしっかりシミを消すことを求める方には何色かのコンシーラーが入ったパレットタイプをおすすめします。パレットの中のコンシーラーを混ぜ合わせて、自分の肌色にあったオリジナルのカラーを作ることができるので自分の肌色から浮く心配がありません。まずはシミの部分にシミよりも少し濃い色を乗せてカバーしましょう。そのあと、コンシーラーをブレンドして、肌にあった色を重ね塗りすることで、より自然にシミを消すことができます。仕上げにパウダーを乗せればナチュラルにシミを消すことができますよ。誰でも手軽にできる方法なのでオススメします。コンシーラーはニキビ跡を隠したい時なんかにも便利なので一つ持っていると良いですよ。